本文へスキップ

国際ボランティアと英語教育の新しい形をご提案します。

よくあるご質問FAQ

よくあるご質問 FAQ                


1.参加者はレッスン以外の時間は何をするですか?

このプラグラムは、英会話レッスンのボランティア以外は、基本的に参加者の自由です。
空いた時間で、観光をしたり、街歩きをしたり、ファミリーと一緒に過ごしたりします。
参加者は、日本文化にも大変興味を持っている人が多いので、日本文化に触れられる機会がありましたら、是非ご案内ください。各自治体でも日本語教室など行っているところもあります。

2.なぜ1日3食の提供が必要なんでしょうか?

プログラムの性質上、参加者が毎日学校に通うわけではありませんので、3食の提供をお願いしております。参加者の多くが学生でできるだけ滞在費用を安くしたいと思っている者もいます。昼食は簡単なものなら、食材だけおいておいて、自分で作って食べてもらうのも良いと思います。時にはインスタントの食品でもかまいません。参加者はお客様ではないので、普段家族に対して準備しているのと同じで結構です。

3.1週間なら受け入れできるのですが?

このプログラムは最低1ヶ月からです。参加者の立場からすると、頻繁にファミリーが変わるのは慣れない土地で大きな不安材料になります。日本の皆様の感覚からすると1ヶ月は長いと思われるかも知れませんが、ご理解ください。
他に例えば、近所のご友人同士など2〜3家族ぐらいで1〜2ヶ月の受け入れをされたい場合は、検討させていただきますのでお問い合わせ下さい。

4.週末はどこか観光に案内したほうがいいのですか?そのときの費用は?

もちろん思い出作りに旅行をするのも良いのですが、参加者はありのままの日本の家庭を見たいと思って来ています。
普段の休日と同じように過ごしていただければと思います。もし遠出する場合でも、交通費などは原則的には参加者の負担となります。

5.受け入れをしたいのですが、家族の誰も英語が満足に話せません。受け入れできるでしょうか?

片言の英語でも、受け入れてみたいという気持ちがあれば問題はありません。来日までに会話の練習をしておくことも良いかもしれません。

 6.現在一人で住んでいます。一人住まいでも受け入れが可能でしょうか?

何かあったときに、1対1より家族が複数いたほうがお互いに安心ですが、一人住まいでも在宅時間が多い方なら問題はないと思います。

7.参加者はどんな人ですか?

参加資格は高校を卒業した人で、在籍する大学や、企業・団体からの推薦を受けられる人です。
多くが現役の学生で、現在は英語を母国語とする国からの受け入れですので、主にアメリカ人になります。
参加者は希望国を選べますので、日本に来る人たちは、日本やその文化に大変興味を持っています。

8.提供する部屋ですが、和室で布団になりますが大丈夫でしょうか?

全く問題ありません。参加者は日本の文化も体験したいと思ってくるわけですから、むしろ喜ばれるかもしれません。
普段ベッドで生活しているでしょうから、布団の敷き方や片付け方は最初に教えてあげてください。









社団法人 日本国際文化交流会

〒530-0012
大阪市北区芝田1-10-10 
芝田グランドビル1102

TEL 06-6374-0674
FAX 06-6374-0676